HOME > 実績 > 現在の展覧会

現在の展覧会

アートアンドパートでは、毎年 30~40箇所の美術館・博物館、文化施設で音声ガイド・サービスを行っております。


アートアンドパートの音声ガイドをお楽しみいただける展覧会

photo
おいしい浮世絵展~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~
森アーツセンターギャラリー(東京・六本木):2020年7月15日(水)~9月13日(日) 開催中
日本語
【展覧会HP:https://oishii-ukiyoe.jp/

★音声ガイドの紹介:
日本人が好きな“おいしい”を体感する「浮世絵」×「食」のオリジナルな展覧会

東京の文化、すなわち江戸の文化への国内外からの関心が高まる中、江戸文化を生き生きと描き、今に伝え、高い評価を得ているのが「浮世絵」です。その世界に稀にみる奥深い美しさのみならず、豊かな江戸の風俗史として、「日本の食」は浮世絵の世界に度々描かれてきました。本展は、その「浮世絵」と「日本の食」に焦点を当て、2つを掛け合わせたオリジナルの展覧会です。
音声ガイドでは、料理が得意な人気声優、江口拓也さんのナビゲートで、食を描いた浮世絵そのものの魅力と、現代のくらしにもつながる江戸の食文化を紐解きます。 また、展覧会サポーターのナイツのお2人もゲスト出演。「東海道中膝栗毛」の、おなじみ、弥次さん・喜多さんに扮して、宿場町の名物料理をめぐるエピソードを、ちょっとだけ、再現していただきました。
音声ガイドを聞きながら浮世絵を堪能したあと、きっとおいしいものが食べたくなる。そんなユニークな展覧会を、ぜひお楽しみください。(A.S)

■声の出演
ナビゲーター: 江口拓也(声優)
特別出演:ナイツ(漫才師)

photo
リニューアル・オープン記念展 Ⅰ ART in LIFE, LIFE and BEAUTY
Reopening Celebration Ⅰ ART in LIFE, LIFE and BEAUTY

サントリー美術館(東京):2020年7月22日(水)~9月13日(日) 開催中
日本語・English
※聴覚のご不自由なお客様へ、文字原稿の貸出をしています。
【公式HP:https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2020_1/

★音声ガイドの紹介:
この国の美は、生活の中にある―
過去の巨匠と、現代の作家が生んだ「生活の中の美」を、一緒に見つめてみましょう。

サントリー美術館が開館したのは、昭和36年、1961年のことです。
以来、サントリー美術館では「生活の中の美」を基本理念として、日常の中で使われてきた道具や調度品などの古美術作品を数多く収集し、ご紹介してきました。四季折々の行事や、冠婚葬祭の場で用いられてきた調度品や美術品には、先人たちが愛し、楽しんできた美意識が豊かに受け継がれています。
この展覧会では、「生活の中の美」の理念に改めて立ち返り、日本の人々の暮らしを彩った、選りすぐりの品々をご覧いただきます。また、今回新たな試みとして、サントリー美術館の古美術コレクションと、現代作家による作品をコラボレーションさせた特別コーナーを設けています。
サントリー美術館の所蔵品とともに日本の古美術に精通した作家が表現する、新しい伝統の形を、ぜひ音声ガイドとともにご覧ください。(O.N.)

photo
特別展 聖地を訪ねて 西国三十三所の信仰と至宝
京都国立博物館(京都):2020年7月23日(木)~9月13日(日) 開催中
日本語/English/中文/한국
※お耳の不自由なお客様へ、音声ガイドと同価格で文字原稿の貸出をしています。
【展覧会HP:https://saikoku2020.jp/

★音声ガイドの紹介:
日本最古の巡礼路―西国三十三所
寺院に伝わる宝物や巡礼の歴史を、「見仏記」の二人と一緒に巡りましょう!

今からおよそ1300年前、大和国長谷寺の開基・徳道上人は、「観音菩薩を参拝することで功徳を得られるよう、世の人々に説きなさい」とお告げを受け、三十三個の聖なる宝印を授かりました。
それらの宝印が納められた場所こそ、日本で最も古い巡礼の道、西国三十三所です。
この展覧会では、三十三所それぞれの札所にまつわる宝物や仏像、また巡礼の実際の様子を伝える貴重な資料が、かつてない規模で揃います。

音声ガイドのナビゲーターは、「見仏記」コンビとしておなじみの、みうらじゅんさんといとうせいこうさん。
仏教美術を愛してやまないお二人のトークを、すべてのガイドにたっぷりと詰め込んだ豪華仕様の音声ガイドとなりました。どうぞお楽しみに。

■出演【日本語プログラム】
ナビゲーター:みうらじゅん、いとうせいこう
ナレーター:玉川砂記子

高畑勲展-日本のアニメーションに遺したもの
岡山県立美術館(岡山):2020年8月1日(土)~9月27日(日) 開催中
日本語

★音声ガイドの紹介:
高畑勲が日本のアニメーションに起こした革命とは―。
時代を共にした仲間たちのインタビューを交えてご案内します。

2018年4月、惜しまれながらもこの世を去った日本のアニメーション界の巨匠・高畑勲。
『アルプスの少女ハイジ』や『火垂るの墓』、そして遺作となった『かぐや姫の物語』など、その珠玉の作品群は今もなお人々の心を惹きつけてやみません。
日常生活に寄り添った豊かな人間ドラマをテーマに、それにふさわしい新しい表現を徹底的に追い求めた高畑は、日本のアニメーションに大きな影響を与えました。
本展覧会では膨大な未公開資料をもとに、高畑の「演出術」に焦点を当て、その作品世界の全貌にせまります。
今回の音声ガイドでは、高畑と共に作品を手掛けた錚々たるクリエイターたちにインタビューを決行!アニメーターや美術家といった様々なクリエイターたちの証言から浮かび上がる、高畑の仕事や人となりは必聴です。また、作品解説ではそのアニメ作品が作られた経緯から、そこに高畑が起こした革新的な演出までを丁寧に辿ります。
音声ガイドのご案内を務めるのは、俳優の中川大志さん。高畑本人の言葉も交えながら、その作品の魅力を情感たっぷりに語ります。
高畑勲が日本のアニメーションをどのように変革し、影響を与え、そして何を遺したのか―。
その軌跡を、ぜひ音声ガイドと共にご堪能ください。

■声の出演
ごあんない:中川大志(俳優)
インタビュー:大塚康生(アニメーター)
小田部羊一(アニメーター・キャラクターデザイナー)
友永和秀(監督、アニメーター)
男鹿和雄(美術家)
山本二三(美術家)

ヤン・ヴォー ーォヴ・ンヤ
コレクション1:越境する線描
二展同時開催

国立国際美術館(大阪):2020年6月2日(火)~10月11日(日)  開催中
日本語・English・中文・한국어

photo

※会期は以下に変更になりました
会期: 2020年6月2日(火)-10月11日(日)

ヤン・ヴォー ーォヴ・ンヤ

★音声ガイドの紹介:
国内美術館における初個展。ヤン・ヴォーの作品世界の全貌を解き明かす

いま、世界でも最も注目を集めているアーティスト、ヤン・ヴォー。
ベトナム戦争が終結した1975年にベトナム東南部の町に生まれたヴォーは、4歳のころ祖国を離れ、難民キャンプを経てデンマークに移住します。
その後、ヨーロッパで美術を学び、自身の体験と記憶を、世界の歴史につながる品々や写真、手紙などの資料と関連づけながら、アイデンティティ、権力、歴史、覇権主義、エロティシズムといったテーマを 複数の視点から提示する作品を制作してきました。
本展覧会は、ヤン・ヴォーの全貌を明らかにする日本の美術館での初めての個展です。
音声ガイドでは、ヴォーの作品を当時の社会情勢やアーティスト自身の背景も交えながら解説します。
様々な視点から見ることで、刻々と表情を変えるヤン・ヴォーの作品を、ぜひ音声ガイドとともにお楽しみください。(K.H)

photo
コレクション1:越境する線描

★音声ガイドの紹介:
気安く、根深い「線描」という行為の可能性を問う

紙の上に線を引く、という動作は、私たちにとってごくありふれた行為です。
そしてアーティストも、絵を描く時、形のあるなしに関わらず、線を引くことから始めます。
しかしそれは単なる下書きでは無く、時には「線描」という概念すら越えていくものでもあるのです。
この展覧会では、とりわけ1960年代以降の芸術において重要な位置を占める、線描が持つ可能性を探っていきます。
音声ガイドでは、独自のアプローチで線を描いた様々なアーティストの作品をご紹介します。紙と筆だけにとどまらない、色々な素材から生み出された個性的な線描をお楽しみください。
音声ガイドともに、「線を引く」という行為について、改めて考えてみませんか?(K.H)

キュレーター's VOICE
キュレーター's VOICEでは、展覧会を担当した学芸員の方に、展覧会のコンセプトや見所をインタビューしています。
展覧会のテーマを考え、作家や作品を選択し、それぞれの美術空間に効果的な作品の配置を考え展覧会を作り上げていくのがキュレーターです。展覧会が終わった後も、論文や解説を書いたカタログによって、展覧会の歴史を残していきます。指揮者のような役割を担うキュレーターは、よく知っていると思う作品や作家からも、思いもかけない新しい味わいや意味を引き出してくれます。

導入実績一覧

●愛知県美術館●秋田なまはげ館●あすたむらんど徳島こども科学館●ABCホール●青森郷土館●青森県立美術館●アーツ前橋●あべのハルカス美術館●イオンモール京都●イオンモール筑紫野●池袋東武百貨店●石ノ森萬画館●いわき市立美術館●上野の森美術館●江戸東京博物館●NTTクレドホール●愛媛県美術館●大分県立美術館●大分市美術館●大阪市立自然史博物館●大阪市立東洋陶磁美術館●大阪市立美術館●大阪天保山特設ギャラリー●大阪歴史博物館●大塚国際美術館●岡崎市立美術館●岡山市立オリエント美術館●岡山シティミュージアム●沖縄県立博物館・美術館●奥田元宋・小由女美術館  ●香川県立ミュージアム●鹿児島県歴史資料センター●神奈川県立近代美術館●金沢21世紀美術館●川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム●北九州市立自然史博物館●北九州市立博物館●岐阜市立歴史博物館●九州国立博物館●京都国立近代美術館●京都国立博物館●京都市美術館●京都高島屋●京都府文化博物館●久留米市美術館●熊本県立美術館●熊本市現代美術館●銀座松屋●高知県立美術館●神戸市立博物館●郡山市ふれあい科学館市民プラザ●国立科学博物館●国立近代美術館●国立国際美術館●国立新美術館●国立西洋美術館  ●佐賀県立美術館●佐川美術館●札幌芸術の森美術館●サントリー美術館●サントリーミュージアム天保山●サントリー白州蒸溜所●サントリー山崎蒸溜所●静岡県立美術館●静岡市美術館●島根県立石見美術館●島根県立美術館●清水おもちゃ博物館●新梅田シティ 梅田スカイビル●静嘉堂文庫美術館●世田谷美術館●仙台市博物館●仙台市立角館町平福記念美術館●損保ジャパン東郷青児美術館  ●大丸ミュージアム●高浜市かわら美術館●たばこと塩の博物館●彫刻の森美術館●DIC川村記念美術館●ツインメッセ静岡●デパートリウボウ●東京藝術大学大学美術館●東京国立博物館●東京都現代美術館●東京都庭園美術館●東京都美術館●東北歴史博物館●鳥取県立博物館●豊田市美術館  ●長崎市科学館●長崎県立美術館●長崎歴史文化博物館●長野信濃美術館●名古屋市科学館●名古屋市博物館●名古屋ボストン美術館●名古屋市美術館●名古屋パルコ●名古屋松坂屋美術館●奈良県立美術館●奈良国立博物館●新潟県立近代美術館●新潟県立自然博物館●新潟県立万代島美術館●日本科学未来館●日本橋高島屋アートギャラリー●日本橋高島屋催物会場  ●パシフィコ横浜展示ホール●パナソニック汐留ミュージアム●浜松市美術館●阪急うめだギャラリー●兵庫県立美術館●平山郁夫美術館●広島県立美術館●ひろしま美術館●福岡アジア美術館●福岡市博物館●福岡市美術館●福島県立美術館●福島さくら遊学舎●筆の里工房●府中市美術館●Bunkamuraザミュージアム●ポーラ美術館●北海道立近代美術館●ホテル雅叙園東京  ●幕張メッセ●松本市美術館●三重県立美術館●三井記念美術館●三菱一号館美術館●MIHO MUSEUM●宮城県美術館●みやざきアートセンター●森アーツセンターギャラリー●森美術館  ●山口県立美術館●ヤマザキマザック美術館●山種美術館●横浜トリエンナーレ●横浜美術館 ●リバーウォーク北九州●六本木ヒルズumu
(2019年9月現在)

これまでの導入実績

美術館・博物館    企業・公共施設


お問い合わせはこちら

ページトップへ

美術館・博物館、ショールーム、観光地用の高品質な音声ガイドを制作・提供。
Powerd by Tifana