導入実績

  • 国立 美術館・博物館
  • 公立 美術館・博物館
  • 私立 美術館・博物館
  • 歴史・観光
  • エンタメ
  • その他

歴史から学ぶ音声ガイドのメリット 詳しく見る

ヨーロッパで始まった音声ガイド・サービスは、1950年代から今日にかけて急激に広まり、美術館・博物館にとどまらず、遺跡、水族館、動物園、企業施設、観光地にいたるまで、様々なシーンに活用されてきました。いまや欧米の主要な美術館・博物館では、音声ガイドはなくてはならないサービスです。ここでは、美術館・博物館と音声ガイドの歴史をたどりながら、音声ガイドの導入によってどのようなメリットがあったのか見ていきましょう。

開催中の企画展

次回予告

  • 国立新美術館開館10周年 チェコ文化年事業 ミュシャ展
    国立新美術館(東京) 2017年3月8日(水) ~6月5日(月)
    日本語
  • 茶碗の中の宇宙  樂家一子相伝の芸術
    東京国立近代美術館(東京)2017年3月14日(火)~5月21日(日)
    日本語
  • ポーラ美術館開館15周年記念展「ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」
    ポーラ美術館(神奈川) 2017年3月18日(土) ~9月24日(日)
    日本語・English
  • 特別展「雪村―奇想の誕生―」
    東京藝術大学大学美術館(東京) 2017年3月28日(火) ~5月21日(日)
    日本語
  • 六本木開館10周年記念展 絵巻マニア列伝
    サントリー美術館(東京) 2017年3月29日(水) ~5月14日(日)
    日本語・English