HOME > 実績 > 現在の展覧会

現在の展覧会

アートアンドパートでは、毎年 30~40箇所の美術館・博物館、文化施設で音声ガイド・サービスを行っております。


アートアンドパートの音声ガイドをお楽しみいただける展覧会

photo
六本木開館10周年記念展 絵巻マニア列伝
Celebrating a Decade in Roppongi : Picture Scroll Enthusiasts

サントリー美術館(東京)2017年3月29日(水)~5月14日(日) 開催中
日本語・English
※耳の不自由なお客様へ、1部500円(税込)でスクリプトの貸出をしています。
【展覧会HP:http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2017_2/

★音声ガイドの紹介:
歴代《絵巻マニア》たちを魅了した絵巻の見所と、彼らの溢れる絵巻愛をご紹介します。
文学と美術が融合した絵巻。それは、手の中で繰り広げられる物語の中に見る者を引き込みます。本展では絵巻に魅せられた《絵巻マニア》とも呼ぶべき愛好者たちに注目し、彼らがこぞって鑑賞した絵巻や、当時の制作や受容の実態を伝える史料などを紹介します。
音声ガイドでは、絵巻の見どころや様式について解説するとともに、彼らが残した鑑賞日記ともいうべき史料を詳しくご紹介します。わが子のために全国から絵巻を集める父、絵巻の新作に携わり奔走する学者公卿、若い絵巻マニアの将軍の要求に翻弄される家来、それらの史料から《絵巻マニア》の「生態」を浮き彫りにしていきます。(E.K.)

★本展では、音声ガイドアプリ「MyGuide」を導入しています。
音声ガイドアプリ「MyGuide」をインストールすれば、お持ちのスマートフォンを音声ガイド機として利用できます。
■対応OS:Android2.3以降/iOS7以降
■料金:500円(税込) ※アプリのダウンロードは無料

photo
特別展 雪村―奇想の誕生
東京藝術大学大学美術館(東京)2017年3月28日(火)~5月21日(日) 開催中
日本語
※耳の不自由なお客様へ、1部520円(税込)でスクリプトの貸出をしています。
【展覧会HP:http://sesson2017.jp/

★音声ガイドの紹介:
◆東京藝術大学大学美術館の古田亮准教授のコメントが深い
雪村の絵の見どころは、「奇想」に満ちた、
という言葉で表現されるその個性的な絵画世界です。
例えば、山水図をとってみても、聳え立つ山や、木、滝、家といったモチーフは、
中央に寄せられたり、四方に散らされたりと、奔放な構図をもって描かれています。
さらに、雲、山、滝、風、雨なども、それぞれ独特の形や筆使いで表されます。
自然の風景を、雪村ほどドラマチックに描いた画家はそれまでいません。
音声ガイドでは、そうした「奇想」に満ちた雪村の絵画世界を、
東京藝術大学大学美術館の古田亮准教授のコメントを幾つか交えながら、
深く掘り下げていきます。

◆案内人は、若本規夫さん
案内人は、声優で、『サザエさん』(あなご役)や『嵐にしやがれ』『人志松本のすべらない話』のナレーションなどで知られる、若本規夫さん。独特の語り口調が、雪村の奇想あふれる絵画世界と共鳴します。

◆ケツメイシ「花鳥風月」を聴きながら、雪村作品をお楽しみいただけます!
今回は、スペシャルボーナストラックとして、
「花鳥風月」をお聴きいただきながら、作品をご覧いただけます。
ケツメイシの「花鳥風月」に歌われる世界は、
雪村の大胆で繊細な山水画や動植物を描いた絵画の世界観に
深く通じるところがあります。
音楽に合うお気に入りの1点を探して
音楽と美術が融合する新たな世界をお楽しみください。(R.S.)

photo
国立新美術館開館10周年・チェコ文化年事業 ミュシャ展
国立新美術館(東京・六本木)2017年3月8日(水)~6月5日(月) 開催中
日本語・English・中文・한국어
※耳の不自由なお客様へ、1部520円(税込)でスクリプトの貸出をしています。
【展覧会HP:http://www.mucha2017.jp/

★音声ガイドの紹介:
ミュシャの最高傑作≪スラヴ叙事詩≫の世界―、 檀れいさんがご案内します。
「ミュシャ」という名前を聞けば、19世紀末のパリを席巻した、美しいポスターの数々を思い出す方も多いでしょう。
しかし晩年、故郷チェコに戻り、およそ16年もの歳月をかけて描かれた傑作≪スラヴ叙事詩≫こそ、ミュシャの画家としての本質を表しているのかもしれません。
この展覧会には、≪スラヴ叙事詩≫全20点が、チェコ国外で初めて一堂に会します。

音声ガイドのナビゲーターは、女優の檀れいさん。
≪スラヴ叙事詩≫に描かれた人々の喜びと悲しみの歴史、そこに込められたミュシャの想い―…
ミュシャが本作を描くきっかけになったと言われる、スメタナの連作交響詩「わが祖国」調べとともに、情感豊かに語ります。
ナレーションは、声優・ナレーターとして活躍する三宅健太さんです。
どうぞお聞き逃しなく。(N.S.)

■声の出演
ナビゲーター:檀 れい(女優)
ナレーション:三宅 健太 (声優・ナレーター)

photo
茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術
京都国立近代美術館(京都)2016年12月17日(土)~2017年2月12日(日) 終了
東京国立近代美術館(東京)2017年3月14日(火)~5月21日(日) 開催中
日本語・English・中文・한국어
※耳の不自由なお客様へ、1部520円(税込)でスクリプトの貸出をしています。
【公式HP:http://raku2016-17.jp/

★音声ガイドの紹介:
450年間、「今」という時代を焼き続けた樂茶碗――
その一碗の中に結実した宇宙を、中谷美紀さんがご案内します。

樂茶碗の歴史は、桃山時代、千利休がみずからの侘茶の精神を表現するため、陶工・長次郎に作らせたことから始まります。その後、現代まで約450年間、樂家は一子相伝でその精神と技法を伝え、茶碗を作り続けています。
歴代当主の作品を一望できる本展の音声ガイドでは、樂茶碗の歴史を辿りながら、「黒」と「赤」という限られた色の中で放たれる樂歴代の個性に迫ります。ナレーションは、女優の中谷美紀さんが担当。深みのある中谷さんのナレーションで、樂茶碗の持つ深い精神性が一層感じられるガイドとなっています。とくに見どころの多い作品には、樂家15代当主・樂吉左衞門氏のコメントもあり、樂茶碗の真髄を味わい尽くせるガイドです。

★樂吉左衞門氏の特別インタビューを6件収録
ボーナストラックでは樂吉左衞門氏のインタビューを収録。初代・長次郎や利休について、一子相伝、そして父への思い、現代という時代の中で茶碗をつくる意味など、吉左衞門氏の思いをお聴きいただけます。静かに語る言葉からは、伝統を引き受けてきた「重み」と、そこから新しいものを創造しようとする「情熱」が伝わってきます。「伝統」と向き合い、「今」を表現し続ける吉左衞門氏の言葉をどうぞお聴き逃しなく。
(E.K.)

■声の出演
ご案内(ナレーション):中谷美紀
特別出演:樂吉左衞門氏

photo
「特別展 快慶 日本人を魅了した仏のかたち」
奈良国立博物館(奈良・奈良市) 2017年4月8日(土)~6月4日(日) 開催中
日本語 / English / 中文 / 한국
※耳の不自由なお客様へ、1部520円(税込)でスクリプトの貸出をしています。
【展覧会HP:http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2017toku/kaikei/kaikei_index.html

★音声ガイドの紹介:
快慶が残した「祈りの造形」―その本質に迫ります。
日本を代表する仏師として、運慶と並び称される「快慶」。
多彩な魅力を持つ傑作の数々から、彼が仏教美術史にのこした偉大な足跡をたどる展覧会です。
音声ガイドでは、その美しい造形のみどころはもちろん、像の内部に納められた品々などから、快慶作品の特色と、像に込められた祈りを、わかりやすく紐解きます。
時代や地域を超えて人々を魅了してきた快慶芸術の本質を、慶派誕生の地・奈良で探しに行きましょう。
(N.S.)

■日本語プログラム ナレーション
植村なおみ (読売テレビ アナウンサー)

★英語・中国語・韓国語でも音声ガイドをお楽しみいただけます。
English audio guide is Available. 
可以使用中文的语音解说。
한국어의 음성 가이드를 이용하실 수 있습니다.

photo
日タイ修好130周年記念特別展「タイ〜仏の国の輝き〜」
九州国立博物館 3階特別展示室(福岡・太宰府)2017年4月11日(火)~6月4日(日) 開催中
日本語・English・中文・한국어
※耳の不自由なお客様へ、1部520円(税込)でスクリプトの貸出をしています。
【本展情報サイト:http://www.nikkei-events.jp/art/thailand/

★音声ガイドの紹介:
◆タイ王国門外不出の名宝と輝かしい仏教美術の数々
タイは、国民の95%が仏教を篤く信仰する仏教国です。
仏教が人々の暮らしに寄り添うタイでは、長い歴史の中で多様な仏教文化が花開いてきました。
展覧会では、タイ族以前に遡る古代国家から、現在の王朝であるラタナコーシン朝にいたるまでの、選りすぐりの仏教美術をご紹介します。
さらに、日タイ修好130周年記念特別展である本展には、タイ王国門外不出の驚くような名宝も数々展示されます。
音声ガイドでは、輝かしい仏教美術の数々の見どころや歴史を丁寧に解説してまいります。

◆タイ仏像大使みうらじゅんさんといとうせいこうさんのハッピー・トークは聞き逃せません。
テレビ東京の須黒清華アナウンサーとともにタイ仏像大使のみうらじゅんさんといとうせいこうさんが、案内人を務めます。
仏像を見に何度もタイを訪れているという仏像大使のお二人が絶賛するところの、タイの“ハッピーな仏像”の魅力をとことんまでお楽しみください。
また、一番ホットなタイの情報もお聞き逃がしなく。(R.S.)

・(東京での開催情報)

photo
東京国立博物館 平成館
平成29年(2017)7月4日(火)~8月27日(日)

photo
特別展「茶の湯」
Chanoyu - The Arts of Tea Ceremony, The Essence of Japan

東京国立博物館 平成館(東京)2017年4月11日(火)~6月4日(日) 開催中
日本語・English・中文・한국어
※耳の不自由なお客様へ、1部520円(税込)でスクリプトの貸出をしています。
【公式HP:http://chanoyu2017.jp/

★音声ガイドの紹介:
名碗集う本展を、春風亭昇太さんがご案内いたします。
12世紀頃、日本に抹茶を点てて飲む喫茶法がもたらされると、禅宗寺院や権力者の間で浸透し、安土桃山時代には千利休によって「侘茶」が大成します。そして、「茶の湯」は民衆にまで広まり、日本独自の文化として今日まで受け継がれてきました。
室町時代から近代まで「茶の湯」の美術の変遷をたどる本展の音声ガイドでは、時代を象徴する錚々たる名作・茶湯道具をご紹介します。ご案内は、落語家の春風亭昇太さん。作品の見どころから、茶人たちの美意識、伝来などを印象深くお伝えします。ぜひ昇太さんのガイドとともに、茶の湯の美をご堪能ください。(E.K)

■春風亭昇太さんからのメッセージ

■声の出演
ご案内:春風亭昇太(落語家)
ナレーション:松尾佳子

photo
ディズニー・アート展 《いのちを吹き込む魔法》
日本科学未来館(東京・台場):2017年4月8日(土)~9月24日(日) 開催中
大阪市立美術館(大阪・天王寺):2017年10月14日(土)~2018年1月21日(日)
新潟県立近代美術館(新潟・長岡):2018年2月17日(土)~5月13日(日)
宮城県美術館(宮城・仙台):2018年6月9日(土)~9月24日(月・祝)(予定)
日本語
※耳の不自由なお客様へ、1部550円(税込)でスクリプトの貸出をしています。
【展覧会HP:http://da2017.jp/

★音声ガイドの紹介:
「アニメーション」という名の魔法の世界へ、名曲の数々とともに出かけましょう。
1928年に公開された「蒸気船ウィリー」からおよそ90年…、
ミッキーマウスの誕生から最新作「モアナと伝説の海」まで、ディズニー・スタジオは数え切れないほどのキャラクターに命を吹き込み、人々に夢を与えてきました。
そのイマジネーションとテクノロジーの歴史を、珠玉のアートの数々からたどる展覧会です。

「いのちを吹き込む音声ガイド」のナビゲーターは、ディズニー・アニメーションには欠かせない存在の山寺宏一さんと、「モアナと伝説の海」ヒロイン・モアナを演じた屋比久知奈さん。
ディズニーの歴史を彩る名曲にのせて繰り広げられるお二人の語りとともに、いざ冒険に出かけましょう♪(N.S.)

■声の出演
山寺宏一 & 屋比久知奈(「モアナと伝説の海」モアナ役)

photo
「日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展」
森アーツセンターギャラリー(東京・六本木) 2016年4月29日(金・祝)~7月3日(日) 終了
名古屋市博物館(愛知・名古屋市) 2016年7月23日(土)~9月25日(日) 終了
兵庫県立美術館(兵庫・神戸市) 2016年10月15日(土)~12月25日(日) 終了
山口県立美術館(山口・山口市) 2017年1月21日(土)~3月26日(日) 終了
福岡市博物館(福岡・福岡市) 2017年4月15日(土)~6月18日(日) 開催中
日本語
【公式HP:http://www.pompei-yma.com/

★音声ガイドのポイント:
彼らはなぜ壁画を描いたのか――古代ローマ人の美意識に迫ります。
紀元後79年のヴェスヴィオ山の噴火で一夜にして地中に埋もれた古代ローマの都市・ポンペイ。本展では、ポンペイ遺跡の壁画の役割と絵画的価値に注目し、当時の人々の美意識や生活に迫ります。当時の室内を再現した展示では、ポンペイの世界にタイムスリップした気持ちになることでしょう。 音声ガイドでは、声優の三木眞一郎さんが、鮮やかに彩られたポンペイの絵画世界をご案内します。室内を美しい絵画で飾り、人生を謳歌した古代ローマの美意識に迫る旅を、音声ガイドでお楽しみください。(E.K)

★ガイドの試聴と三木さんからのメッセージがお聴きいただけます。

photo

サンプルガイド(一部)
「アリアドネを見つけるディオニュソス」
ナポリ国立考古学博物館蔵
©ARCHIVIO DELL’ARTE - Luciano Pedicini / fotografo


■三木さんからのメッセージ

■声の出演
ナビゲーター:三木眞一郎
ナレーション:畠山美和子
 

山口県美術館(山口) 2017年4月20日(木) ~6月18日(日)
日本語

高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。「スタジオジブリ・レイアウト展」
山口県美術館(山口・山口市)2017年4月20日(木)~6月18日(日) 開催中
日本語
【公式HP:http://www.yma-ghibli.com/

★音声ガイドのポイント:
お待たせしました!「スタジオジブリ・レイアウト展」がついに山口に上陸です!
「風の谷のナウシカ」から 最新作「レッドタートル ある島の物語」までのすべてのジブリ映画だけではなく、高畑・宮崎監督がジブリ以前に手掛けた作品も含め約1,400点が、一挙に公開されています。
アニメーションにおける“レイアウト”とは、1枚の紙にキャラクターや背景、カメラの動きなど場面のすべての要素を詰め込んだ、いわば「アニメーションの設計図」。そこにはジブリ映画の秘密が隠されているのです。
音声ガイドでは、「千と千尋の神隠し」で千尋役を演じた柊瑠美さんを案内役に、スタジオジブリの田中さんと三鷹の森ジブリ美術館の西岡さんを解説に迎え、「レイアウトの見方」からジブリの裏話満まで深夜ラジオのようなフリートークが繰り広げられます。
全編にオリジナル映画音楽を使用した贅沢な音声ガイド。聞けば「目から鱗」の60分。
たちまちレイアウト通になれること請け合いです。(S.M.)

■声の出演
ナビゲーター:柊瑠美
出演:田中千義・西岡純一
特別出演:男鹿和雄

photo
ポーラ美術館開館15周年記念展
ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌
PICASSO AND CHAGALL : IMAGINARY DIALOGUES

ポーラ美術館(神奈川・箱根)2017年3月18日(土)~9月24日(日) 開催中
日本語・English
【公式HP:http://www.polamuseum.or.jp/exhibition/20170318s01/

★音声ガイドのポイント:
ピカソとシャガール――独自の画風で「愛」と「平和」のメッセージを作品に込めた二人の画家の歩みをたどります。
「破壊する画家」ピカソは、対象をデフォルメして絵画の革新に挑み、「語る画家」シャガールは、自身の人生や故郷を幻想的に描きました。この展覧会では、作風は対照的ながら、「愛」や「平和」というテーマにおいて共通点も見られる二人の芸術家の関係にスポットを当て、戦争と混乱の時代を生き抜いた芸術家の新たな一面を浮かび上がらせます。 音声ガイドでは、ピカソとシャガールが残した言葉を織り交ぜながら、時に近づき、時に独自の道を歩んだ二人の画業をたどります。また、ピカソの代表作《ゲルニカ》のタペストリー作品など、二人が作品に込めた「愛」と「平和」へのメッセージを紐解きます。

なお、ポーラ美術館の音声ガイドでは、企画展ごとに展示替えを行っている常設展の作品解説もお聞きいただけます。ルノワールをはじめとする印象派の作品、「近代日本の女性美」の歴史を物語る化粧道具や洋画コレクション、エミール・ガレのガラス工芸など、ポーラ美術館の珠玉のコレクションの数々を、作家解説のチャンネルと共にお楽しみください。(E.K)

キュレーター's VOICE
キュレーター's VOICEでは、展覧会を担当した学芸員の方に、展覧会のコンセプトや見所をインタビューしています。
展覧会のテーマを考え、作家や作品を選択し、それぞれの美術空間に効果的な作品の配置を考え展覧会を作り上げていくのがキュレーターです。展覧会が終わった後も、論文や解説を書いたカタログによって、展覧会の歴史を残していきます。指揮者のような役割を担うキュレーターは、よく知っていると思う作品や作家からも、思いもかけない新しい味わいや意味を引き出してくれます。

導入実績一覧

●愛知県美術館●秋田なまはげ館●あすたむらんど徳島こども科学館●ABCホール●青森郷土館●青森県立美術館●アーツ前橋●あべのハルカス美術館●イオンモール京都●イオンモール筑紫野●池袋東武百貨店●石ノ森萬画館●いわき市立美術館●上野の森美術館●江戸東京博物館●NTTクレドホール●愛媛県美術館●大分県立美術館●大分市美術館●大阪市立自然史博物館●大阪市立東洋陶磁美術館●大阪市立美術館●大阪天保山特設ギャラリー●大阪歴史博物館●岡崎市立美術館●岡山市立オリエント美術館●岡山シティミュージアム●沖縄県立博物館・美術館●奥田元宋・小由女美術館  ●香川県立ミュージアム●神奈川県立近代美術館●金沢21世紀美術館●川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム●北九州市立博物館●岐阜市立歴史博物館●京都国立近代美術館●京都国立博物館●京都市美術館●京都高島屋●京都府文化博物館●熊本県立美術館●熊本市現代美術館●北九州市立自然史博物館●九州国立博物館●銀座松屋●神戸市立博物館●郡山市ふれあい科学館市民プラザ●国立科学博物館●国立近代美術館●国立国際美術館●国立新美術館●国立西洋美術館  ●佐賀県立美術館●佐川美術館●札幌芸術の森美術館●サントリー美術館●サントリーミュージアム天保山●サントリー白州蒸溜所●サントリー山崎蒸溜所●静岡県立美術館●静岡市美術館●島根県立石見美術館●島根県立美術館●清水おもちゃ博物館●新梅田シティ 梅田スカイビル●静嘉堂文庫美術館●世田谷美術館●仙台市博物館●仙台市立角館町平福記念美術館●損保ジャパン東郷青児美術館  ●大丸ミュージアム●高浜市かわら美術館●たばこと塩の博物館●彫刻の森美術館●DIC川村記念美術館●ツインメッセ静岡●デパートリウボウ●東京藝術大学大学美術館●東京国立博物館●東京都現代美術館●東京都庭園美術館●東京都美術館●東北歴史博物館●鳥取県立博物館●豊田市美術館  ●長崎市科学館●長崎県立美術館●長崎歴史文化博物館●長野信濃美術館●名古屋市科学館●名古屋市博物館●名古屋ボストン美術館●名古屋市美術館●名古屋パルコ●名古屋松坂屋美術館●奈良県立美術館●奈良国立博物館●新潟県立近代美術館●新潟県立自然博物館●新潟県立万代島美術館●日本科学未来館●日本橋高島屋アートギャラリー●日本橋高島屋催物会場  ●パシフィコ横浜展示ホール●パナソニック汐留ミュージアム●浜松市美術館●阪急うめだギャラリー●兵庫県立美術館●平山郁夫美術館●広島県立美術館●ひろしま美術館●福岡アジア美術館●福岡市博物館●福岡市美術館●福島県立美術館●筆の里工房●府中市美術館●Bunkamuraザミュージアム●ポーラ美術館●北海道立近代美術館  ●幕張メッセ●松本市美術館●三重県立美術館●三井記念美術館●三菱一号館美術館●MIHO MUSEUM●宮城県美術館●みやざきアートセンター●森アーツセンターギャラリー●森美術館  ●山口県立美術館●ヤマザキマザック美術館●山種美術館●横浜トリエンナーレ●横浜美術館 ●リバーウォーク北九州●六本木ヒルズumu(2017年4月現在)

これまでの導入実績

美術館・博物館    企業・公共施設


お問い合わせはこちら

ページトップへ

美術館・博物館、ショールーム、観光地用の高品質な音声ガイドを制作・提供。
Powerd by Tifana