HOME > 実績 > アートアンドパートの音声ガイドをいつでもお楽しみいただける美術館

美術館・博物館

アートアンドパートの音声ガイドを、いつでもお楽しみいただける場所として、現在8つの美術館とウィスキー蒸溜所があります。

アートアンドパートを、音声ガイドのパートナーとして選んでいただきました。

MIHO MUSEUM    ポーラ美術館    サントリー美術館

DIC川村記念美術館    美ヶ原高原美術館    彫刻の森美術館

  川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム


いつでもアートアンドパートの音声ガイドがお楽しみいただける美術館・博物館

MIHO MUSEUM(http://www.miho.jp/1998年導入

MIHO MUSEUM

音声ガイドの概要:
  • 内容: コレクション解説 (各言語272件※)の中から展示に合わせて選択
  • 言語: 日本語、英語、北京語、広東語、ドイツ語
  • 監修: MIHO MUSEUM
  • 利用料金: 500円(1台)
  • ※ドイツ語の解説のみ60件

音声ガイドのポイント
建築を手がけていただいたI.M.ペイ氏をはじめ、世界有数の研究者の方々へのインタビューも交えた充実した音声ガイドをお楽しみください。

当館の常設展は、古代文明に由来する作品を多く含みます。ニューヨーク・メトロポリタン美術館、大英博物館をはじめ、専門家の方々へのインタビューも交えた音声ガイドは、大変深い内容にまで及ぶもので、時代背景なども丁寧に解説しております。一日では聞き終わることはできませんので、特にご興味のある作品についてお楽しみいただければと考えております。美術館は、四季折々の季節によって、また、一日の時間の推移のなかでも、その表情を変えていきます。何度でも美術館にいらしていただき、まだお聴きになっていない解説をお楽しみいただければ幸いです。

(学芸部:東 容子氏)

美術館の概要
1997年、山深い信楽の山合いに生まれたMIHOMUSEUMは、パリのルーヴル美術館の新館など、世界的な建築家として知られるI.M.ペイ氏が、自然と共生する日本人の心を近代的な建築手法で実現した美術館です。南館には、エジプト、西アジア、ギリシア、ローマ、南アジア、中国、ペルシアの充実したコレクションが展示され、北館では主に、年に数回の企画展が行われています。


ポーラ美術館(http://www.polamuseum.or.jp/2002年導入

ポーラ美術館

建築写真:石黒 守

音声ガイドの概要:
  • 内容: 常設展 + 年2回の企画展のコンセプト及び作品・作家解説、
    建築、コレクション、日本画・洋画の画材について など
  • 言語: 日本語・英語※
  • 監修:ポーラ美術館
  • 利用料金: 400円
  • ※英語の解説は常設展のみ

音声ガイドのポイント
コレクションをより楽しんでいただくために

ポーラ美術館の絵画のコレクションは、華やかな女性像や、色鮮やかに光にあふれる自然を描いた風景画を数多く含み、コレクターであり、ポーラ・オルビスグループのオーナーであった鈴木常司(1930年-2000年)の美意識が反映されています。見ているだけで明るい気持ちになる作品ばかりなのですが、音声ガイドと共に鑑賞すると、作品に対して一層親しみと魅力を感じることができるのではないでしょうか。音声ガイドの内容は、絵画、彫刻、工芸、化粧道具などの作品解説と作家解説のほかに、美術館の建築、箱根の自然、絵画の技法についてなどのコンテンツもご用意しています。企画展にあわせてガイドの内容を更新し、いつでも新鮮味をそこなわないように工夫しています。おかげさまでご好評いただいており、リピーターの来館者の方には、音声ガイドをかならずご利用なさる方も多いようです。

(学芸部:今井 敬子氏)

美術館の概要
「箱根の自然と美術の共生」をコンセプトに、2002年秋に仙石原・小塚山の豊かな自然の中に設立されました。コレクションの分野は多岐にわたり、なかでも、モネ、ルノワールらのフランス印象派絵画からピカソ、マティス、カンディンスキーへとつらなる質の高い西洋絵画のコレクションで知られています。

実績ページへはこちらから



※導入時期:アートアンドパートの音声ガイドの導入時期となります。
サントリー美術館(http://suntory.jp/SMA/2007年導入 ※

サントリー美術館

© 木奥惠三

音声ガイドの概要:
  • 内容:コレクション展/企画展における作品解説 25件前後
    (展示替毎に合わせ変わります) + 建築、カフェ・ショップ情報 など
  • 言語:日本語・英語
  • 声の出演:斉藤茂一 他
  • 監修:サントリー美術館
  • 利用料金:500円(1台)
    ※法人会員は無料

音声ガイドのポイント
展覧会で一番大切なのは、作品を自由な気持ちで鑑賞していただくことだと思っています。ただ、展覧会を企画・準備していく段階で、作品が生み出された背景や取り巻く社会現象、また作家が作品に託した想い、今ここに展示している意義など、言葉でお伝えしたいたくさんの事柄が出てまいります。展示には個別解説が表示してありますが、時にそれは、読むことに囚われ、作品と対峙する十分な時間の妨げとなる危険性もはらんでいます。イヤホンガイドは、情報が耳から入ることによって、これを解決してくれるツールと位置づけています。イヤホンガイドによって、一歩踏み込んだ、ちょっとしたエッセンスを持ち帰っていただければと願っています。

(学芸副部長 土田 ルリ子氏)

美術館の概要
サントリー美術館は、1961年 「生活の中の美」を基本理念に東京・丸の内に開館しました。1975年に赤坂見附に移転、2007年春には六本木に誕生した東京ミッドタウンで新たなスタートを切りました。「美を結ぶ。美をひらく」という新たなミュージアムメッセージのもとに再出発した美術館は、美を介した出会いと発見、感動を生み出し、多くの人々が集い憩う場としての美術館をめざしています。

実績ページへはこちらから



DIC川村記念美術館(kawamura-museum.dic.co.jp/2008年導入

DIC川村記念美術館

© DIC川村記念美術館 撮影:渡邉 修

音声ガイドの概要:
  • 内容:常設展&各企画展 から選りすぐった作品30件ほど
    + 建築、庭園、コレクション概要、施設全体の解説
  • 声の出演:斉藤茂一、松尾佳子
  • 監修:DIC川村記念美術館
  • 利用料金:500円(1台)

音声ガイドのポイント
「ひとりでじっくり」音声ガイドと、「みんなで楽しく」ガイドツアー。ふたつの異なる鑑賞ガイドを通じて、作品と心ゆくまで対話すれば、いつもと違った美術館体験ができるはず。

DIC川村記念美術館では、開館当初から毎日、専門スタッフによるガイドツアーを行ってきました。このツアーは、一時間ほどで館内を巡りながら、レンブラント、モネ、ピカソからロスコ、ニューマン、ステラまで、コレクションのハイライトを解説し、展覧会開催時にはそのみどころをご紹介するものです。一方、2008年のリニューアル・オープンを機に新しく導入した音声ガイドでは、「ひとりでじっくり作品と対話したい」と望まれるお客様のための特別プログラムをご用意しました。どちらも、目の前にある作品をやさしく丁寧に解き明かし、「見る+聞く」を存分に楽しんでいただけるガイドです。

(学芸員: 林 寿美氏)

美術館の概要
DIC川村記念美術館は、DIC株式会社がその関連グループ会社とともに収集した美術品を公開するために、1990年5月、千葉県佐倉市の総合研究所敷地内に設立した美術館です。17世紀の画家レンブラント、印象派、日本の屏風絵や20世紀のヨーロッパ・アメリカ美術にいたる1000点を超えるコレクションを、美しい自然環境のなかで楽しむことができます。

実績ページへはこちらから


美ヶ原高原美術館(utsukushi-oam.jp2011年導入

美ヶ原高原美術館

美術館風景写真 ©

音声ガイドの概要:
  • 内容:一般プログラム:「アートde散策」
    野外彫刻43点の作品解説とともに、
    彫刻の謎に迫るクイズや美ヶ原ならではの高原植物を紹介する
    ショートツアー など(コンパクトなガイドブックつき)
  • 言語:一般プログラム(日本語)
  • 声の出演:保村真、小川もこ
  • 監修:美ヶ原高原美術館
  • 利用料金:300円/1台

音声ガイドのポイント
彫刻作品をめぐるもよし、高山植物を楽しむもよし。
美ヶ原高原美術館の散策を楽しむための3つのガイドツアーをご用意しています。

2000mを超える高原に建てられた美ヶ原高原美術館。
青い空と雄大な山並みが目前に広がる美ヶ原高原に、350点以上の現代彫刻が野外展示されています。
音声ガイドでは、詳しい作品解説とともに、高原に咲く色鮮やかな高山植物をご紹介しています。
高原から見える眺望を楽しむ「まるごと眺望360度ツアー」、クイズをしながら彫刻の秘密にせまる「彫刻謎解きクイズにチャレンジツアー」、彫刻と高山植物をゆっくり楽しむ「のんびり散策 自然とアートツアー」の3つから選べます。ご自分のペースにあわせてお楽しみください。
ガイド機は、箱根彫刻森美術館でもお馴染みの屋外でも使いやすいペン型式。マップ「アートde散策」にタッチすると、音声が流れます。マップには、動物や植物、建物など色々なところに仕掛けがされているので、どうぞ色んなアイコンをタッチしてみてください。現場スタッフによるリアルなお話も聞くことができます。
美しい高原のなかで、彫刻作品、そして可憐な花々をどうぞ心ゆくまでご堪能ください。

(美ヶ原高原美術館)

美術館の概要
美ヶ原高原美術館は、1981年の6月に、箱根彫刻の森美術館の姉妹館としてオープンしました。高原の起伏をそのまま活かした広大な敷地には、350点以上もの野外彫刻が展示されています。また平地では見ることのできない、200種類あまりの色鮮やかな高山植物と標高2,000メートルのこの高原ならではの360度の眺望をじっくりとお楽しみいただけます。


彫刻の森美術館(hakone-oam.or.jp/museum/annai.html2010年 リニューアルにて導入

彫刻の森美術館
音声ガイドの概要:
  • 内容:2種類のプログラム
    ●一般プログラム「彫刻入門ツアー」:
     展示作品46点の解説や施設、彫刻の素材や歴史にまつわる
     ショートツアーなど(コンパクトなガイドブックつき)
    ●ファミリー向けプログラム「宝探しラリー ~賢者の石を探せ!」:
     宝探しマップを片手に、彫刻たちが出すクイズに挑戦。
     秘密の言葉を集めていくことで最後に宝物がもらえる、
     エンターテイメント・プログラム。
  • 言語:一般プログラム (日本語・英語)/ファミリー向けプログラム (日本語)
  • 声の出演:斉藤茂一、松尾佳子(一般プログラム)/Chris Koprowski、Rachel Walzer (英語プログラム)/保村 真、高木礼子(ファミリープログラム)
  • 監修:彫刻の森美術館
  • 利用料金:各プログラム 500円/1台

音声ガイドのポイント
彫刻をじっくり鑑賞する一般プログラムと、家族やカップル、友達と楽しめるファミリープログラム
―――2種類から選べます。

彫刻の森美術館の広大な野外展示場には、近代から現代にかけての代表的な彫刻作品が約120点展示されています。そのコレクションをより楽しんでいただくために、2つのプログラムを用意しています。

ひとつは、これらの作品についての解説を楽しめる『彫刻入門ツアー』。ロダンやヘンリー・ムーアなどの代表的な作品についての解説から、彫刻の歴史や技法などについてもわかりやすく紹介。また、テーマに沿ったミニツアーもあるので、散策しながら素敵な美術鑑賞を楽しめます。

もうひとつは、お子さんやご家族で楽しめる『宝探しラリー~賢者の石を探せ!』。こちらは賢者の石を求め、言葉をしゃべる不思議な彫刻たちと会話をしながら、クイズを解き、館内をまわるゲーム性の高いプログラムです。主要なルートをたどりながら、彫刻の魅力に自然に触れていただける楽しい内容になっています。子どもたちの、はじめての彫刻体験にもぴったりです。

2つのプログラムとも、使用するのは使い勝手のよいペン型タイプの機器。ペンで地図上の作品やイラストを読み取ると音声が流れるというもの。ご家族や友だち同士で利用でき、野外美術館の散策が、より楽しくなること間違いなしです。さあ、早速気持ちのよいオープンエアーのアートクルーズに出かけましょう!

(彫刻の森美術館)

美術館の概要
1969年、雄大な自然が楽しめる箱根の大自然を舞台に開館した彫刻の森美術館は、国内ではじめての野外美術館(オープンエアーミュージアム)です。広大な庭園には、近・現代を代表する彫刻家の名作約120点が常に展示されています。また、貴重なコレクション300点余りを順次公開しているピカソ館をはじめとする5つの室内展示場や、天然温泉の足湯もあり、心豊かな憩いのひとときを過ごすことができます。

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(fujiko-museum.com/2011年 導入

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

© Fujiko-Pro

音声ガイドの概要:
  • 内容:●一般プログラム:
     ミュージアム専用音声ガイド「おはなしデンワ」で
     藤子・F・不二雄先生の人生、まんがの世界、
     ミュージアムについてご紹介。
    ●子供プログラム:
     上記の内容のほか、ドラえもんの豪華キャラクターも
     登場する楽しいクイズ付き。
  • 言語:一般プログラム(日本語・英語・中国語・韓国語)/
    子供プログラム(日本語)
  • 監修:川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
  • 利用料金:無料

音声ガイドのポイント
来館者全員で音声ガイドをお楽しみいただける、ユニバーサル方式を導入しました。
海外の方から子供まで、みんなで楽しめる、こだわりの音声ガイドです。

「描くぼくが楽しみ、読んでくれる人も楽しむ、そんな漫画がずっと僕の理想なんだ。」 藤子・F・不二雄先生はそんな風におっしゃっていました。 川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムは、藤子・F・不二雄先生の『夢、希望、友情、勇気、大いなる好奇心。人を愛する優しい気持ち…。』を未来へと伝え続けるミュージアムとして誕生しました。
ミュージアムでは、お越しいただいた方全員に「おはなしデンワ」と呼ばれる専用の音声ガイドをお渡しします。
一般プログラムでは、日本語のほか、英語・中国語・韓国語をご用意し、世界中で愛されている先生の漫画を一目見たいといらっしゃる海外のお客様にも対応しています。また美術館のおもてなしの心より、最初のご挨拶が季節や天候によって毎日変わります。
子供プログラムには、ドラえもんやのび太、ジャイアン、スネ夫、しずかちゃんが登場する楽しいクイズもございます。2択のクイズを解いて、ひみつの言葉を集めると…出口で素敵なことが待っています。
また、展示室内の映像の前に立つと、映像と合った各言語の音声が流れるビデオシンクロシステムという、日本で初めての試みも導入しました。
ミュージアムにお越しくださったお客様みなさんに満足いただける、こだわりいっぱいの「おはなしデンワ」です。

(藤子・F・不二雄ミュージアム)

美術館の概要
川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムは、藤子・F・不二雄先生の描いた原画を中心に展示しています。原画をじっくりご覧いただきながら、先生の発想の原点や世界観、また、先生が作品に込めた「やさしい思い」や「あたたかさ」を感じることのできる展示となっています。
展示室を出ると、実際に先生の作品が読める「まんがコーナー」や、ここでしか見ることのできないオリジナル短編映像を楽しめる「Fシアター」、屋上で人気キャラクター達に出会える「はらっぱ」。また、作品にちなんだオリジナルメニューいっぱいのカフェや魅力的なグッズ・お土産いっぱいのショップなど、遊びゴコロにあふれた空間が広がっています。
訪れた人の好奇心を満足させ、大人も子どもも笑顔にしてしまう、何度でも来たくなるミュージアムです。


企業・公共施設の実績


サービス紹介

執筆~録音・機械・運営まで
トータルに解決する
音声ガイドフルサポート・ソリューション

好きな場所で
音声ガイドを楽しむことができる
音声ガイドダウンロードサービス


お問い合わせはこちら

ページトップへ

美術館・博物館、ショールーム、観光地用の高品質な音声ガイドを制作・提供。
Powerd by Tifana